エンジニアの将来って?

現在6年目の元COBOL現Javaエンジニアが、将来への考えや勉強のアウトプット、たまに腎臓について書くブログです

私が急性腎盂腎炎になった時の初期症状

こんにちは、たいらです。
私は2016年夏に急性腎盂腎炎という腎臓の病気になって1週間入院しました。
今では笑い話ですが、体調を崩して総合病院に行った初診で、そのとき私が発症していた症状が素人目でもおかしいのに医者から
「夏風邪ですねえ」 と言われ、風邪薬を処方して頂きました。
薬飲んで大人しくしとけば治るかなあと思っていたら、ずっと右の腰は痛いし、吐くし、熱下がらないし。。。
やっと急性腎盂腎炎だと診断されたときは、初診から2週間後の3回目の診断で、しかも初診と2回目とは別の医者に診断して頂いたときでした(;´ρ`) グッタリ
ヤブ医者の性で真面目に死にかけてました。
診断後はもちろん緊急入院でしたよ。
そんな私のようにヤブ医者に引っ掛かって苦しまないために、こんな症状が出たら急性腎盂腎炎を疑え!というのをピックアップしました。
よければ参考にしてください。m(_ _)m

血尿が出る

私の場合、何の前兆もなくいきなり血尿が出ました。異常事態です。
もし血尿が出た場合、膀胱か腎臓が病気の可能性大です。
最悪ガンも有り得るので即刻病院に行って下さい。

何の前触れもなく高熱と寒気を発症

もし血尿が出ても放置した場合、この症状が出てきます。
急性腎盂腎炎になったときは風邪の初期症状の代表格であるノドが痛いとか、頭痛がするとか全く出ずに、ものすごい高熱が突如出ます。
私は血尿が出て、2,3日後の夜中にいきなり高熱が出ました。
その時は体がだるすぎて体温が測れませんでしたが、体感で39度はあったと思います。 それくらい額が熱かったです。
そして同時にものすごい寒気を感じました。
どれくらい寒かったかと言いますと、真夏なのに真冬の布団かぶってもガタガタ体が震えるくらい寒かったです。
もうそれくらい寒いです。
今にして思えば、この時点で「何かおかしい。ただの風邪じゃない」と気付くべきでした。

右の腰を突かれると飛び上がるくらい痛い

皆さん腎臓の位置ってご存知でしょうか?
だいたいわき腹らへんに左右に1つずつあります。

f:id:Tairax:20170912173018p:plain

↑だいたいこの人の左手の位置くらいです。

その位置をただつんつんと突っつくだけで痛い!って叫ぶくらい痛いです。
でこピンをしようものなら悶絶します。
それくらい腰が痛いので、仰向けで寝るのが出来なくなります。

f:id:Tairax:20171218175424p:plain

仰向けだったら、こんなに穏やかな顔で寝られません

また椅子に座って背もたれにもたれかかると、健康な人は楽な姿勢です。
急性腎盂腎炎を発病している人は苦痛以外の何物でもありません。
このような症状が出ている場合、急性腎盂腎炎だと疑って良いかと思います。

下半身がものすごいむくむ

「寝る前に水分取りすぎちゃって朝むくんじゃった~ヾ(。>﹏<。)ノ」なんて可愛いもんじゃありません。
足がポケモンのナッシーのような太さになり、おなかがボンレスハムのようになります。

f:id:Tairax:20170913112600p:plain

私は太ももから足首まで同一の太さになり、足首のくびれが無くなりました。
足の甲の骨はむくみすぎて触れません。
本当にナッシー。あの時の自分の足を写真で撮っておけば良かった。

f:id:Tairax:20170913123216p:plain

このおばちゃんのおなかが可愛く見えるレベルのおなかになります。
ベルトの穴が前より2つずれたと思います。

むくみは半端なものではなく、私は約1週間で体重が6キロ増えました。
もちろん暴飲暴食していません。
むしろ食べることがきつかったです。おにぎり1つ食べるのも無理でした。
なので、増えた6キロはすべて水です。人間ってこれくらい体に水を貯められるんです。
人間の体って不思議。

このとき私は産まれて初めて、「自重が重い」という感覚を味わいました。
別に私は肥満体系でなく、BMIでいうと普通体重。
なので計算上の体重は適しているのですが、「自重が重い」。
座ってるとき、体を机とかに手で支えてないときつかったです。
あの時はずっと寝ていたかったです。体は異常事態が起きていると本当に体を休めさせるべく正直になります。

いかがでしたか。
これらが私が急性腎盂腎炎になったときの初期症状です。
上記のような症状が出ているにもかかわらず、「ただの風邪ですねえ」とか言う医者に出くわしてしまった場合
血液検査してください!
と言いましょう。きっと正しい診断結果が得られることでしょう。

 

余談ですが、私が緊急入院したときの話を後から母に聞きました。
3回目の診断で私を初診で診断した医者とは別の医者が診断してくださったのですが、その医者から
もう少し急性腎盂腎炎の診断が遅れてたら多臓器不全になってたそうです。
私が多臓器不全にならず急性腎盂腎炎で済んだのは、そのとき付き添ってくれていた母のおかげです。
ヤブ医者が私を診断しているとき、母が周りにいた看護師さんたちがヒソヒソ話をしているのを気付いたそうです。
話の雰囲気からどうやら私はただの風邪じゃない、血液検査してちゃんと調べたほうがいいのでは、という話だったそうです。
母も私の症状は絶対風邪じゃない!!と思っていたのですがヤブ医者は
「夏風邪ですねえ」
なので母が
「もっと真面目に調べてください!!!血液検査してください!!!」
と母が訴えたところ私が風邪ではなく急性腎盂腎炎であることが発覚しました。
私が急性腎盂腎炎で済んだのは紛れもなく母のおかげです。
母さんありがとう。
皆さんが私のように急性腎盂腎炎で誤診されないことを願っています。

 

自分が急性腎盂腎炎かもしれない!ってことは分かった!
でも行くべき科が分からない(´;ω;`)ウゥゥ
と、いう方はこちらの記事をどうぞ!

tairax.hatenablog.com

 

退院直後に医者から制限されていたことをまとめました。
よければご参考ください。

tairax.hatenablog.com

退院して1年経っても、腎臓の健康に気を付けていることをまとめました。
よければご参考ください。

tairax.hatenablog.com