エンジニアの将来って?

現在6年目の元COBOL現Javaエンジニアが、将来への考えや勉強のアウトプット、たまに腎臓について書くブログです

急性腎盂腎炎で退院後、制限されてたこと

こんにちは、たいらです。
私は2016年夏に急性腎盂腎炎になり、1週間入院しました。
退院直後は腎臓の療養のため、医者からいろんな事を制限されました。
その時私が医者から言われた退院直後の制限事項をご紹介します。

塩分・刺激物

医者から
「塩分は控えめにすること、また激辛などの刺激が高いものはなるべく避けること」
と言われてました。
理由は、腎臓を療養するためです。
腎臓は血液をろ過して老廃物や塩分を体の外へ追い出す重要な臓器です。

www.kyowa-kirin.co.jp

上記サイトを参照。

なので腎臓の負担を減らすために、なるべく腎臓が働くときにエネルギーを大量に使う食べ物は避けましょう、ということです。
ちなみに「肉や魚を食べるの禁止」というのは出ませんでした。
この制限は退院して約1か月後に解除されました。

 

水分をとる量

「1日に2リットル以上の水を飲みましょう」
この理由は水をたくさん取ることで、腎臓を常に動かしきれいにするということだそうです。
だからと言って、オレンジジュースやコーラは砂糖が入っているのであまり好ましくありません。
ベストは水です。お茶もOKです。
なので、お茶や水を気付いたら飲むように心がけてました。

 

禁止飲料

「酒とコーヒーは飲まないで下さい」
と禁止令が出ていました。
理由は弱っている腎臓には大敵だからです。
酒は納得できますが、コーヒー禁止は意外に思われたかも分かりません。
コーヒーにはカリウムという成分が大量に含まれています。
腎臓が健康な人には問題ないのですが、 私みたいに腎臓が悪くなった人はカリウムを体外にうまく追い出すことができないので要注意なんです。
特にインスタントコーヒーはカリウムが濃縮されているので、あまり飲まない方がいいです。

腎臓に限らず、病気した場合は例外なく禁酒です。
科学的な理由として、酒を飲みすぎると腎臓に多大な悪影響がでます。

www.lebronjamesonsale.com

また酒を飲むことによって血液がドロドロになり、腎臓の仕事である血液のろ過が難しくなります。

www.osaka-saisei.jp

医者から許可が出たら、お酒を楽しみましょう。
余談ですが、私が医者から飲酒許可が出たのは退院後約1か月後でした。

 

いかがでしたか。
以上が私が急性腎盂腎炎で入院して、退院直後の禁止事項でした。
やっぱり医者の言葉を守って、ゆっくり体を休めることが元通りの体調に戻る近道ですね。
皆さんも退院直後はゆっくり療養してください。m(__)m